#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

J1 第23節: J リーグ シーズン34

      2014/05/10

Trophy Manager

10月4日、リーグ第23節の試合が行われた。

王子 FC 2-5 広末涼子

Charifi Saaliti が復帰した 広末涼子 (53346) は攻撃的なフォーメーションでプレーした。

しかし予想外にも O FC が健闘、土壇場の86分にベテラン Shingo Akita が同点に追い付くゴールを決めた。

試合はそのまま引き分け、広末涼子 (53346) が再び勝ち点を逃すかと思われたが、アディショナルタイムに3得点の猛攻でアウェー・チームが勝ち点3を確保した。

 

Namba Osaka 0-3 ashina

どちらが勝ってもおかしくない互角の内容だったが、ashina (1489015) は決めるべき時に決め、ホーム・チームはそれができなかった。

その違いはある程度はキーパーの出来によると言えるだろう。

 

F.C Sylphides 1-3 ReD FaLcOnS FC

 

Imbaba Club 1-1 Okayama

Imbaba Club (1258527) は中盤を支配し、多くのシュートを打ったが、枠内シュートの数では両チームとも同じとなった。

引き分けは妥当な結果と言える。

 

Tekkaman FC 1-8 Tanuki FC

あまりにも一方的なスコアとなったが、シュートの数からすればもう少し接戦となってもおかしくなかった。

Tekkaman FC (2103693) のディフェンダーと守備的ミッドフィルダーはほとんど守備に貢献できず、キーパーにとっては難しい試合だった。

6回のフリーキックを活かせなかったのも反省材料だろう。

Tanuki FC (2032412) では攻撃陣の活躍が目立ったが、キーパー Gabriel Sturzu の安定したプレーも評価したい。

 

RedSun 2-1 逗子Blues

トップクラスのチーム同士の対戦。

THE SUN の方がより効率的なプレーをしたと言える。

互角のポゼッションで、THE SUN はより多くのチャンスを作り出し、シュートはことごとく枠に飛んだ。

逗子Blues (296683) は2位を諦めざるをえないだろう。

Row League には届かず、来季も RoW Cup でプレーすることになりそうだ。

 

urawa reds 4-0 MacabiBrazil

一方的な試合だった。

アウェー・チームは試合を通して2本しかシュートを打てず、そのどちらも枠を捉えなかった。

 

涼子の院 0-1 Osaka Celtic

 

KAMOGAWA F.C. ORCAS 5-3 CasaleNinetySix

ここ数試合 KAMOGAWA F.C. ORCAS (1987252) の攻撃は好調だ。

毎試合多くのゴールを決めている。

その一方でディフェンスの問題は解決していないようだ。

 

 

 

ベストイレブン

League - Team Of The Round - Jp - 1 - 1 - 2013 10 04 - Trophy Manager

 

 

MVP

Tanuki FC (2032412) に加入したばかりの Serafino Pradella は、デビュー戦で2ゴール2アシストの活躍を見せ、新チームへの適応に不安がないことを証明した。

このイタリア人は、今後 João Rodrigues に代わって Keitaro Kakuta のパートナーとなるだろう。

 

Serafino Pradella - Trophy Manager

 

 

 

順位

日本 - J. League Division 1 - Trophy Manager

 - Season 34, J. League Division 1 , , , , , , , , , , , , , , , , ,