#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

J1 第22節: J リーグ シーズン34

      2014/05/10

Trophy Manager

10月2日、リーグ第22節の試合が行われた。

広末涼子 4-0 Namba Osaka

開始4分にホームの日本代表ウインガー Kazutoshi Saito がネットを揺らし、R.H.F がリードを奪った。

その後は The Tigers もよく耐えたが、66分から68分の間に3点を奪われ力尽きた。

 

ReD FaLcOnS FC 2-1 王子 FC

 

ashina 4-2 Imbaba Club

ashina (1489015) は新しいフォーメーション 3-5-1 (DC-DC-DC, DML-DMC-DMR – MC-MC – OMC, F) を試している。

攻撃力が低下するかと思われたが、Imbaba Club (1258527) はセンターバックとして起用された若手ミッドフィルダー Sorin Vlaicu が穴となった。

 

Tanuki FC 5-0 F.C Sylphides

 

Okayama 0-5 RedSun

 

MacabiBrazil 2-0 Tekkaman FC

4人の選手が負傷し、1人にレッドカードが出される荒れた試合となった。

4人の怪我人のうち Macabi の3人は深刻ではなかったが、Tekkaman FC (2103693) のリビア人選手 Abdelouahed Benabdelkader の復帰には時間がかかる見通し。

選手層の薄い Blue Earth  にとって、厳しい残留争いとなりそうだ。

 

逗子Blues 3-2 涼子の院

 

CasaleNinetySix 0-3 urawa reds

3失点した Spurchiacchi だが、ゴールキーパー Luca Canalin のプレーは決して悪くなかった。

改善が必要なのはディフェンダーである。

 

Osaka Celtic 3-3 KAMOGAWA F.C. ORCAS

興味深い試合。

両チーム合わせて6ゴールが決まる派手な試合となった。

格下と思われた KAMOGAWA F.C. ORCAS (1987252) がディフェンスの固い Osaka Celtic (598351) を相手に3得点してアウェーで引き分けに持ち込んだのは見事だったが、引き換えに彼らは Hitomaro Kitabatake を負傷で長期に渡って欠くことになった。

一方攻撃力不足が深刻な The Hoops は Togai Fujiwara が2得点して存在感を示した。

 

 

 

ベストイレブン

League - Team Of The Round - Jp - 1 - 1 - 2013 10 02 - Trophy Manager

 

 

MVP

今節最も印象に残ったチームは KAMOGAWA F.C. ORCAS (1987252) である。

しかし彼らが勝ち点1を得たのはチームとして機能したからで、特定の選手の活躍によるものではない。

2得点を決めた Hajime Hirasi も、チャンスの数を考えればむしろもっと得点してもおかしくはなかった。

この試合のマン・オブ・ザ・マッチは、相手の Osaka Celtic (598351) から Togai Fujiwara が選出されている。

公式レートで唯一10.0が付いたのは2得点1アシストを記録した RedSun (418839) の Yoichi Nakae

今節の MVP には彼を選ぶことにする。

 

Yoichi Nakae - Trophy Manager

 

 

 

順位

日本 - J. League Division 1 - Trophy Manager

 - Season 34, J. League Division 1 , , , , , , , , , , , , , , , , ,