#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

J1 第20節: J リーグ シーズン34

      2014/05/10

Trophy Manager

9月27日、リーグ第20節の試合が行われた。

ReD FaLcOnS FC 1-6 Imbaba Club

アウェー・チームが6得点で大勝。

ホーム・チームのディフェンスは機能していなかった。

3-5-2 DL-DC-DR, DML-DMC – MR – OML-OMC, F-F というフォーメーションに問題があったのではないか。

 

Tanuki FC 1-2 Namba Osaka

TFC は、普段フォワードとしてプレーする João Rodrigues をトップ下に置き、Keitaro Kakuta のパートナーとして今季いまだ無得点の Keiki Aoyama を起用した。

この采配が裏目に出て Rodrigues は低調なパフォーマンスに終始し、引退を控えた Aoyama はこの試合も得点できなかった。

一方 The Tigers はほとんど試合経験のない Basho Hishida を左で起用、チャンスを得た彼が期待に答えて2得点を挙げた。

 

広末涼子 0-0 RedSun

ここまで全勝の首位 広末涼子 (53346) がホームに2位 RedSun (418839) を迎えたシーズン最大のビッグマッチ。

中心選手であるモロッコ代表 Charifi Saaliti を負傷で欠く R.H.F は、メンタリティーは非常に攻撃的であったものの、フォーメーションはいつもより守備的な 4-5-1 (DL-DC-DC-DR, DMC – MC-MC-MR – OML, F) だった。

これに対しアウェーの THE SUN はいつもの 3-5-2 (DL-DC-DR, DMC-DMC – MC – OML-OMR, F-F) で挑んだ。

Saaliti の欠場とフォワード1人というフォーメーションによって中央の圧力を欠くホームは、相手ゴールキーパー Cui ZhiHui の好守もあって得点できず、スコアレスドローで両チーム勝ち点1を分けあった。

広末涼子 (53346) はついに勝ち点を落とし、Ryoko Hirosue 監督は落胆を隠さない。

 

MacabiBrazil 3-1 王子 FC

 

ashina 1-1 涼子の院

fishers が中盤を支配し、90分を通してゲームをコントロールしたが、アディショナルタイムに失点して試合は引き分けに終わった。

 

CasaleNinetySix 2-1 F.C Sylphides

 

Okayama 1-2 Osaka Celtic

 

urawa reds 2-1 Tekkaman FC

Tekkaman FC (2103693) はキーパー Rui Morais が健闘。

urawa reds (184788) は予想外の苦戦を強いられた。

 

逗子Blues 1-0 KAMOGAWA F.C. ORCAS

 

 

 

ベストイレブン

League - Team Of The Round - Jp - 1 - 1 - 2013 09 27 - Trophy Manager

 

 

MVP

MVP は間違いなく RedSun (418839) の守護神 Cui ZhiHui である。

リーグの公式評価レートは重要ではない。

この中国人ゴールキーパーは、広末涼子 (53346) の攻撃からゴールを守り、無失点を保つという困難なミッションを達成した。

相手監督 Ryoko Hirosue も彼のプレーを賞賛している

 

Cui ZhiHui - Trophy Manager

 

 

 

順位

日本 - J. League Division 1 - Trophy Manager

 - Season 34, J. League Division 1 , , , , , , , , , , , , , , , , ,