#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

J1 第19節: J リーグ シーズン34

      2014/05/10

Trophy Manager

9月25日、リーグ第19節の試合が行われた。

Imbaba Club 3-5 Tanuki FC

Tanuki FC (2032412) が早い段階で大量リードを奪ったが、Camels は最後のホイッスルが鳴るまで諦めなかった。

 

RedSun 6-0 ReD FaLcOnS FC

Ryuzaburo Ueno が4得点。

ReD FaLcOnS FC (1670654) のセンターバック Gennadiy Burlak は、1人で THE SUN のフォワード2人に対応することを強いられた。

ReD FaLcOnS は左サイドにウイングバックとサイドバックの両方を置いたが、おそらく1人で十分だっただろう。

 

Namba Osaka 1-3 MacabiBrazil

 

涼子の院 2-6 広末涼子

リザーブとトップチームの試合。

予想外にもホームのリザーブが2点リード、広末涼子 (53346) が今シーズン初めて勝ち点を落とすかと思われたが、その後の反撃で6得点し、トップチームが逆転勝利した。

この試合で Charifi Saaliti が負傷し、広末涼子 (53346) は重要な2試合、リーグ2位 RedSun (418839) との試合、RoW リーグでのインドネシア王者 Medan United (40316) との試合でこのキープレーヤーを欠くことになる。

 

王子 FC 1-3 CasaleNinetySix

Spurchiacchi の両サイドからの攻撃が功を奏し、試合は 1-3 のスコアでアウェーの勝利に終わった。

 

Osaka Celtic 1-4 ashina

前半のうちにディフェンダーが1人退場したにもかかわらず、ashina (1489015) が危なげなく勝利した。

 

F.C Sylphides 1-3 urawa reds

 

逗子Blues 0-0 Okayama

圧倒的なポゼッションにもかかわらず、ホームの 逗子Blues (296683) は降格候補相手に得点を奪うことができなかった。

運だけのせいではないだろう。

チャンス自体多くはなかった。

Okayama (1776673) の守備的な戦術が上手く機能したと言える。

The Blues は選手交代や戦術の変更を考えるべきだったかも知れない。

彼らは2位争いから後退し、3位を維持できるかどうかが焦点となりつつある。

 

KAMOGAWA F.C. ORCAS 2-1 Tekkaman FC

 

 

 

ベストイレブン

League - Team Of The Round - Jp - 1 - 1 - Trophy Manager

 

 

MVP

もちろん試合を決める活躍をした RedSun (418839) の Ryuzaburo Ueno や Tanuki FC (2032412) の Keitaro Kakuta が見せたプレーは見事だった。

しかしリーグ公式のレートは、得点した選手を過剰に評価しすぎるようだ。

降格候補相手に得点したフォワードよりも、 優勝候補相手に無失点を保ったキーパーやディフェンダーを評価するべきではなかろうか。

その点で、Okayama (1776673) のゴールキーパー  Sorai Taku と センターバック Katsuhiko Toyama は良い働きをした。

特に Toyama は 逗子Blues (296683) のフォワード Dan Ława を良くマークした。

 

Katsuhiko Toyama - Trophy Manager

 

 

 

順位

日本 - J. League Division 1 - Trophy Manager

 - Season 34, J. League Division 1 , , , , , , , , , , , , , , , , ,