#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

J1 第14節: J リーグ シーズン34

      2014/05/10

Trophy Manager

9月13日、リーグ第14節の試合が行われた。

Osaka Celtic 2-0 CasaleNinetySix

 

涼子の院 4-1 urawa reds

サイド重視の red diamonds は、センターバックを1人しか置かなかったためにボランチの Takiji Honda に過剰な負担がかかってしまった。

アウェーのキーパー Shoji Tomita は若いながらも良い選手だが、ディフェンスが機能しない状態で日本代表の若手2トップを止めることはできなかった。

 

逗子Blues 3-1 MacabiBrazil

2得点を挙げた 逗子Blues (296683) のポーランド人フォワード Dan Ława は13試合で14ゴールとかつて無いペースで得点を重ねている。

MacabiBrazil (26800) は、サイドは悪くなかったが中央の選手のパフォーマンスは精彩を欠いた。

この試合 Macabi はトップ下が本職の Takahashi Sogahata をセンターバックとして起用している。

 

RedSun 9-1 Tekkaman FC

Ryuzaburo Ueno が5得点の活躍。

彼は代表の親善試合ではプレーしているものの、公式戦の経験はない。

ワールドカップが迫る中、最後のアピール。

 

Okayama 0-9 Tanuki FC

アウェーの勝利に驚きはないがこのスコアは少々予想外と言えるだろう。

Tanuki FC (2032412) はホームで6勝1敗で勝ち点18を挙げている一方で、アウェーではここまで2勝1分3敗の勝ち点7しか獲得していなかった。

その原因は得点の少なさで、6試合で6得点、失点9と上位にはふさわしくない成績だったが、この試合で3勝1分け3敗と五分に戻しアウェーでの得失点もプラスとなった。

 

Imbaba Club 4-1 F.C Sylphides

前半のうちに両チーム合わせて3人が負傷交代することとなった。

Camels の怪我人は2人ともディフェンダーだったが、それでも F.C Sylphides (2429931) は1点しかゴールを奪えなかった。

14試合で7得点、1試合あたり0.5ゴールはリーグ最少である。

 

ashina 4-0 ReD FaLcOnS FC

 

Namba Osaka 2-1 王子 FC

 

広末涼子 6-0 KAMOGAWA F.C. ORCAS

 

 

 

ベストイレブン

League - Team Of The Round - Jp - 1 - 1 - Trophy Manager

 

 

MVP

前節に続き、今節も4人の選手が10.0と評価されている。

Tanuki FC (2032412) の2トップ、João Rodrigues と Keitaro Kakuta広末涼子 (53346) の Charifi Saaliti、そしてベストイレブンからは漏れたが RedSun (418839) の Ryuzaburo Ueno である。

このうち RodriguesSaaliti の2人は4得点を決め、Ueno は1人で5得点を挙げている。

得点だけでなくチャンスメイクでも活躍した Rodrigues を MVP とする。

 

Joao Rodrigues - Trophy Manager

 

 

 

順位

日本 - J. League Division 1 - Trophy Manager

 - Season 34, J. League Division 1 , , , , , , , , , , , , , , , , ,