#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

J1 第12節: J リーグ シーズン34

      2014/05/10

Trophy Manager

9月8日、リーグ第12節の試合が行われた。

逗子Blues 2-3 urawa reds

urawa reds (184788) が35%しかボールをキープ出来なかったにもかかわらず 2-3 で勝利した。

ホームチームは終盤に2得点して追い上げ、退場者を出して10人となったアウェーチームを追い詰めたが力及ばなかった。

この試合、逗子Blues (296683) でミスが目立ったのは今季トップチームにデビューしたばかりの Tatsuro Matsumoto

4試合で平均レートは3.9と、まだレギュラーとしてはまだ経験を積む必要がある。

The Blue はこれで2位から3位に転落。

 

Osaka Celtic 2-0 Tekkaman FC

2-0 での Osaka Celtic (598351) の勝利は妥当な結果と言える。

The Hoops はディフェンスは上位と遜色ないが、得点力の点でやや劣る。

しかし守備に問題を抱える Tekkaman FC (2103693) を破るのには十分だったようだ。

 

Okayama 3-2 CasaleNinetySix

CasaleNinetySix (2550653) に加入した Yusuke BandoJ1 デビュー戦。

しかしチームが敗北する原因の1人となってしまった。

 

涼子の院 3-0 F.C Sylphides

 

ashina 0-0 MacabiBrazil

MacabiBrazil (26800) は固いディフェンスを誇る一方で、得点力に欠ける。

ホームの ashina (1489015) はより攻撃的な戦術を採る選択肢もあったかもしれない。

fishers に加入した日本代表の Sanraku Minami は、左サイドバックの位置でまずまずのプレーを見せた。

 

RedSun 4-0 王子 FC

 

広末涼子 3-0 Tanuki FC

アウェーチームにもチャンスはあったが、攻撃では Charifi Saaliti が、守備では Kazuo Maki が活躍して昨シーズンのチャンピオンが連勝を維持した。

Kitazawa の退場は早くもシーズン2回目。

 

Imbaba Club 1-4 Namba Osaka

トップ下の Jun Nishikawa が2得点してアウェーチームが勝利。

Hidetora Narahashi が起用されなかった理由は不明だ。

 

ReD FaLcOnS FC 3-2 KAMOGAWA F.C. ORCAS

2点のビハインドを跳ね返してホームチームが逆転した。

 

 

 

ベストイレブン

League - Team Of The Round - Jp - 1 - 1 - Trophy Manager

 

 

MVP

ついに評価レベル5に達した Namba Osaka (489911) の Jun Nishikawa は、これまで1点しか得点していなかったが、今節は2度ネットを揺らした。

 

Jun Nishikawa - Trophy Manager

 

 

 

順位

日本 - J. League Division 1 - Trophy Manager

 - Season 34, J. League Division 1 , , , , , , , , , , , , , , , , ,