#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

FC Sagami の J1 残留が確実に

      2014/05/10

FC Sagami

リーグ終盤、FC Sagami の残留が決まる一方 Shinjuku Akiras は降格

 

 

シーズン 36 もいよいよ大詰め、各クラブの明暗が明らかになりつつある。

 

 

今シーズンも J. League Division 1 のタイトルを手にしたのは 広末涼子 (53346)

 

既に 2 位以下を大きく引き離して優勝を決めている。

 

人々の関心は、彼らが最後の 4 試合すべてに勝って、歴代最多の勝ち点 (シーズン 29 とシーズン 32 の 99 ポイント) を更新できるかどうかに向いている。

 

 

それ以下は混戦で、2 位 Namba Osaka (489911) から 7 位 ashina (1489015) までの 6 クラブが来季の RoW League と RoW Cup の出場権を争っている。

 

 

下位に目を向けると、既に降格が決まっているクラブは Shinjuku Akiras (2032381) だけだが、FC Shippuden (2103699) と The Gunners (2032396) も厳しいだろう。

 

しかし自動降格の残り 1 枠の行方はまだ予断を許さない。

 

FC Sagami (2260539) は J1 初挑戦ながら既に残留をほぼ確実にしてるが、まだ降格圏のクラブとの試合を残している。

 

彼らの緊張が緩んでいるようであれば、あるいは既に来季に意識が行っているようならば、残留争いをしているクラブにとってはチャンスかもしれない。

 

 

 

今季の J1 残留を確定しました

FC Sagami (2260539) からのプレス・リリース

第 30 節、Tekkaman FC (2103693)  とのアウェーゲームに 2-4 で勝ったことで、FC Sagami は事実上 J. League Division 1 残留を決めました。

 

 

残り試合は 4 試合、自動降格圏との勝ち点差は 17、残留プレーオフ圏の 11 位 涼子の院 (764222) との差は 12 ポイントです。

 

たとえ我々が残り試合すべてに負け、逆に 涼子の院 が 12 ポイントを獲得して勝ち点で並んだとしても、我々は得失点で大きく上回っています (我々の -1 点に対し彼らは -30 点です) 。

 

 

つまり、我々は来シーズンもこのリーグでプレーします。

 

 

これは我々にとって J1 での初めてのシーズンであり、非常に良くやったと言えるでしょう。

 

 

日本   J. League Division 1   Trophy Manager

 

 

しかし我々は野心的なクラブであり、来シーズンはさらに上を目指すでしょう。

 

今後数シーズンのうちに国際大会に挑戦することを視野に入れています。

 

 

http://trophymanager.com/forum/jp/league-press/276734/1/

6/4/2014

 - プレス Press, Season 36, Season 32, J. League Division 1 , , , , , , , , , , ,