#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

FC Sagami のミッドフィルダー Bando が引退

      2015/08/22

FC Sagami

FC Sagami のキャプテン Yozo Bando が引退

 

 

今季 J. League Division 1 を 8 位で終えた FC Sagami (2260539) の 35 歳のミッドフィルダー Yozo ‘遠藤 Endo’ Bando が引退する。

 

Bando は高いパス能力をもったセンターハーフ、もしくはボランチで、シャビ・アロンソやアンドレア・ピルロ、日本で言えば遠藤のような選手であり、そこからニックネームが付けられた。

 

 

彼はイタリア的に言うならばレジスタとしての役割を担って中盤でゲームメイクを担当してきただけでなく、FC Sagami のキャプテンでもあり、クラブの中心選手だった。

 

30代に入ってからも高いパフォーマンスを維持し、シーズン 35 にはトップ下でもプレーして多くのゴールに絡み、クラブの J1 昇格に貢献した。

 

 

しかし今シーズン、さすがに年齢による衰えを隠せず、パル・スキルが 20 から 19 に落ちただけでなく、ついに評価レベルも 3.5 から 3 に低下した。

 

それでも出場停止だった 1 試合を除く J1 の 33 試合に出場し、6 ゴール、8 アシストと 14 ゴールに関わっている。

 

 

FC Sagami (2260539) はいまだ彼の代わりとなる選手を確保していないため、来シーズンの開幕に間に合うかどうか難しい状況となっている。

 

 

 

Yozo Bando の引退をお知らせします

FC Sagami (2260539) からのプレス・リリース

長年にわたって我々のキャプテンを務めてきた  Yozo ‘遠藤 Endo’ Bando が、今シーズンをもって引退します。

 

 

彼は FC Sagami でリーグ戦 285 試合、カップ戦 30 試合、トータル 315 試合の公式戦に出場し、合わせて 75 得点 74 アシストを記録しています。

 

これらはクラブの最多出場記録および最多アシスト記録であり、また歴代 2 位の得点記録でもあります。

 

Yozo  遠藤 Endo  Bando   Trophy Manager JP

 

Yozo  遠藤 Endo  Bando   Trophy Manager JP cup

 

Yozo  遠藤 Endo  Bando   Trophy Manager JP total

 

 

Bando はシーズン 27 のクラブ創設時から在籍するただ一人の選手であり、彼の引退はクラブにとって一つのサイクルの終わりを意味します。

 

まだ他のクラブでプレーしている選手は何人かいますが、彼の引退によってクラブの始まりの日を知るすべての選手がここから去ることになります。

 

 

彼は今シーズンの始めに引退を表明していました。

 

我々はシーズンを通して説得を試みましたが、彼の決心を変えることは出来ませんでした。

 

 

我々は別の道を歩むことになりますが、彼の第二の人生に幸運を祈ります。

 

もしいつか彼が望むならば、我々は彼がスタッフとして戻ってくることを歓迎するでしょう。

 

 

Bando 「私は自分のキャリアに満足しているよ。

 

4 部でスタートし、現役最後のシーズンに 1 部でプレーした。

 

このクラブのキャプテンを務めたことを誇りに思う。

 

 

引退を決意したのは、これ以上選手としてはチームに貢献できないと思ったからだ」

 

 

「今後についてはまだ何も決めていない。

 

まずは家族との時間を大切にしたい。

 

 

将来スタッフとして戻ってくる可能性?

 

これからも Sagami は私の心にあるし、一ファンとして応援する。

 

いつかそうなるかも知れない」

 

 

http://trophymanager.com/forum/jp/league-press/278450/1/

18/4/2014

 - クラブ Club, プレス Press, Season 36, J. League Division 1