動画配信サービス

DAZN(ダゾーン)の入会・会員登録方法と完全無料でお試し視聴する方法【2020年版】

2020年1月13日

この記事でここがスッキリ

  • DAZNとDAZN for docomoのどっちに登録すればいいの?
  • DAZNは本当に完全無料でお試しできる?
  • 無料体験の注意点
  • 具体的な会員登録の手順

国内・海外まで広くスポーツを配信しているDAZN(ダゾーン)に興味があるものの、本当に無料でお試しできるのか、docomoユーザー向けプランもあるようだけどどちらを登録すればいいのか、少しわかりづらいところがあります。

会員登録からお試し利用までを無料で行う方法や、あなたに合ったプランをわかりやすく解説します。

 

DAZN(ダゾーン)登録前のチェックポイント

「無料なのであれば一度DAZNを体験してみたい」

「お試し利用してみて思っていたのと違う場合は解約したい」

そんな方にとって、会員登録前に押さえておくべきポイントは以下の2点でしょう。

チェックリスト

  • DAZNとDAZN for docomoの違い
  • 正確な無料お試し期間と料金体系の理解

さっそく以下で詳しく見ていきましょう。

DAZNとDAZN for docomoどちらに登録するかを確認

DAZNには、通常の『DAZN』とドコモユーザー向けプランである『DAZN for docomo』の2種類の登録タイプがあります。

どちらに登録すればいいのか迷ってしまいそうですが、ドコモユーザー以外の方は通常のDAZN、ドコモユーザーの方はDAZN for docomoに登録すれば問題ありません。

DAZNとDAZN for docomoは、配信されているコンテンツ等のサービス内容についてはまったく同じです。

DAZN for docomoは、DAZNと提携するNTTドコモが、同社のユーザー向けに割安に提供しているサービスです。

dアカウントがあればドコモユーザーでなくてもだれでもDAZN for docomoに登録できるのですが、料金の優遇条件として「FOMA」もしくは「Xi」の契約が必要となっています。

ですので、ただdアカウントをもっているだけでは料金面でのメリットはなく、解約の側面からはむしろデメリットもあるといえるため(後述します)、ドコモユーザーの方以外は通常のDAZNへ登録しましょう。

DAZN、DAZN for docomoの共通点と違う点をシンプル示すとこうです。

共通するところ 違うところ
サービス内容 料金
締め日(料金発生日)

DAZNとDAZN for docomoの月額利用料

DAZNは1,750円(税別)の月額利用料で、スポーツ配信を視聴できるサービスです。

入会時にかかる登録料は不要で、追加料金が必要となる有料コンテンツも一切なく、月額料金のみですべてのコンテンツを楽しめるシンプルな料金体系となっています。

もちろん、解約時についても違約金や手数料が発生したりすることはありません。

一方のDAZN for docomoでは、「FOMA」もしくは「Xi」の契約と「dアカウント」がある場合は、月額980円(税別)とお得な料金で視聴することができます。

とても基本的で重要な部分なので繰り返します。

利用料金の仕組みとしては、

ポイント

  • 入会・登録費用なし
  • 解約時の違約金なし
  • オプション費用なし
  • 月額利用料のみ

DAZNとDAZN for docomoの料金の違いについては、

ココに注意

【通常のDAZN 】
月額1,750円(税別)

【DAZN for docomo】
(dアカウントのみ)
月額1,750円(税別)

【DAZN for docomo】
(dアカウント+FOMAもしくはXiの契約)
月額980円(税別)

です。

無料体験期間と料金の発生日

最もややこしい部分なので、はじめに簡単にポイントを示しておきます。

ポイント

  • DAZNもDANZ for docomoも初回料金発生日は無料期間終了日の翌日
  • DAZNは2回目以降も初回料金発生日と同じ日にちが料金発生日
  • DANZ for docomoは2回目以降は毎月1日が料金発生日

DAZN、DAZN for docomoともに、契約日を含み31日間の無料期間がもうけられています。

また、どちらも無料体験期間内に解約する場合は、一切料金はかかりません。

しかし、DAZNとDAZN for docomoでは料金の発生日や締め日が異なっており、特にDAZN for docomoでは解約申し込みの前に知っておくべきポイントがあります。

DAZNでは初回の料金発生日が毎月の支払日となり、どのタイミングで解約手続きをしても料金を支払った期間内は最後まで動画を視聴することができます。

一方で、DAZN for docomoでは、無料期間終了日の翌日に料金が発生し、月末までの残り日数に関わらず、当月の一か月分の利用料金が発生します。また、毎月の料金発生日は1日となり、解約手続きを行った時点で動画の視聴ができなくなります。

具体的な例でみてみましょう。

条件として、月途中の1月13日に無料登録したと仮定して説明します。

具体的な例

DAZNの場合

無料登録日(例) 1月13日
無料視聴期間終了日 2月12日(1月13日を含む31日目)
初回・次回の料金発生日 初回2月13日・次回3月13日
2月13日解約時の請求対象期間 1か月分(2月13日~3月12日利用分)として1,750円(税別)
2月13日解約時の視聴可能期間 3月12日まで視聴可能

DAZN for docomoの場合

無料登録日(例) 1月13日
無料視聴期間終了日 2月12日(1月13日を含む31日目)
初回・次回の料金発生日 初回2月13日・次回3月1日
2月13日解約時の請求対象期間 2月利用分(2月13日~月末利用分)として980円(税別)
2月13日解約時の視聴可能期間 2月13日の解約以降視聴不可

もし解約する場合は、1日のずれが料金がかかるかかからないかを左右するため、DAZNの無料体験期間をしっかりと把握しておき、継続するか解約するかを判断することをおススメします。

 

DAZNに会員登録する手順

会員登録の具体的ステップ

step
1
下記のリンク先から公式ページを開きます

ドコモユーザー以外の方は『DAZNはこちら』、ドコモユーザーの方は『DAZN for docomo』からどうぞ

DAZNはこちら

DAZN for docomo

step
2
名前、Eメール、希望のパスワードを入力する

姓名を入力します。

Eメールとパスワードは希望のものでいいのですが、忘れないようにメモを残しておきましょう。

DAZNからのメール配信を希望しない場合は下部のチェックを外してくださいね。

 

step
3
プライバシーポリシーに同意しクリック

 

プライバシーポリシーはウェブサイトの利用時やサービスの契約時などによくみかけますが、いまいちパッとしないですよね。

必ずDAZNのプライバシーポリシーを読んだ上で同意してください。

その上で、理解の促進のために、簡単に書いておきます。

プライバシーポリシー (英語: privacy policy) は、 インターネットのウェブサイトにおいて、収集した個人情報をどう扱うのか(保護するのか、それとも一定条件の元に利用するのか)などを、サイトの管理者が定めた規範のこと。個人情報保護方針などともいう。

出展:Wikipedia

 

step
4
支払方法を選択する

支払方法は、クレジットカード、デビットカード、PayPal、キャリア決済、コードなどがありますが、なじみのある方法、管理しやすい方法が良いです。

 

step
5
無料視聴期間終了日のメモをとっておく

無料体験期間中に使わなくなり、ログイン情報を忘れたりすると管理が面倒ですので、一応無料視聴期間の終了日をメモしておくことをおススメします。

スマホのカレンダーに解約期限を入れておくと、より便利です。

 

ここまで記事を読んでいただいたみなさんならもう大丈夫だと思いますが、DAZNの登録方法についての動画も添付しておきますので、必要な方はチェックしてみてください。

 

会員登録するとすぐに視聴できます

実際に私が登録したときは、決済を確定するとすぐに視聴が開始できました。

あまりの簡単さに驚いてしまうくらいでした。

パソコンから視聴する場合はサイトからメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

スマホの場合、アプリをストアからダウンロードして、初回のみメールアドレスとパスワードを入力してログインします。

ログアウトした場合は再度同じようにログインすればOKです。

もちろん、アプリのダウンロードには通信費以外に料金は発生しませんのでご安心くださいね。

 

 

 

-動画配信サービス

Copyright© トロマネ , 2020 All Rights Reserved.