#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

行徳超人蹴球団 の Hirata、リーグ 250 試合出場

   

行徳超人蹴球団 の Tomoyuki Hirata、クラブ史上初の 250 試合出場を達成

今シーズンにクラブ名を Kumamoto Übermenschen から改名した 行徳超人蹴球団 (2941413) で、31 歳のミッドフィルダーがクラブの最多出場記録を 250 試合に伸ばした。

22/8/2015

シーズン 34 にわずか 2.7 百万の移籍金で獲得した Tomoyuki Hirata が (移籍時は開花済の ✩2.5)、シーズン 42 第 29 節で我がクラブでの通算 250 試合出場を達成しました。

Tomoyuki Hirata   Trophy Manager

彼は移籍するなりその適応力の高さ (20) を買われてほとんどの試合に DC として出場。
チームの屋台骨を支える安定した活躍を続け、今やもっともクラブで実績のある選手となりました。

Tomoyuki Hirata   Trophy Manager

また、選手の規律を重んじる監督からの信頼は未だ絶大であり、ファンからの高い人気を誇った Kinzo EndoKoji Matsumara といった選手が相次いでクラブを去った今、すっかりチームの顔になったとも言えるでしょう。
少ない移籍金での移籍を容認した前所属クラブ kashiwa reysol (2656153) の首脳陣も、彼の移籍先での現在の地位には驚いているのではないでしょうか。

Kinzo Endo   Trophy Manager

Koji Matsumara   Trophy Manager

彼のこの実績の要因は、移籍当初我がチームの日本人選手の中でもっとも守備が得意だったことと、年齢の割には豊富な経験値があったことです。
それらが持ち前の最高の適応力とともに効果を発揮しました。

RECの値が低くても、適応力が高くほかのポジションで価値を見いだせる選手が、移籍市場には今も多く眠っているかもしれません。

http://trophymanager.com/forum/jp/general/211462/21/#518

この記事は 行徳超人蹴球団 (2941413) の監督によって書かれ、N-Kobayashi が編集しました。
This article was written by the manager of 行徳超人蹴球団 (2941413), and edited by N-Kobayashi.

この記事はサッカーゲーム「Trophy Manager トロフィーマネージャー」についての記事です。

トロフィーマネージャーってどんなサッカーゲーム?

 - クラブ Club, プレス Press, Season 42 , ,