#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

第 2 節、広末涼子、ホームでドロー

      2014/10/05

広末涼子

広末涼子、早くも勝ち点 2 を逃す

 

1月31日、第 2 節にして早くも「常勝」 広末涼子 (53346) が引き分け、勝ち点 2 を逃した。

 

相手は昨シーズン末にカップ戦決勝で対戦したばかりの urawa reds (184788) である。

 

全勝での完全優勝を目指していた R.H.F にとっては負けに等しい引き分けだった。

 

 

日本   J. League Division 1   Trophy Manager

 

 

 

広末涼子 2-2 urawa reds

Match   広末涼子 vs. urawa reds   TrophyManager.com

 

 

先手を取ったのは アウェーの red diamonds、元クウェート代表の Nasser Al Ouargui が 2 分、8 分と立て続けにネットを揺らした。

 

どちらのゴールにもホームのディフェンス陣は誰も対応できなかった。

 

前半はその後もアウェー側が優勢に進めた。

 

しかし後半に入ると流れは変わり、54 分に Masayuki Tokunaga が 1 点を返し、その 10 分後にはフリーキックで 2 点目を挙げて同点に追いついた。

 

試合は完全に互角であり、Tokunaga は Mannaa の代わりとして十分なプレーを見せたにもかかわらず、チームとしては Mannaa と Yoshimoto の抜けた穴を埋めるのは容易ではないことを伺わせた。

 

 

 

広末涼子、ワールドクラスのフォワードを獲得

この敗戦を受けて、広末涼子 (53346)公約通りトップレベルの代表選手を獲得している。

 

アルバニア代表のエース、Ilirian Libohova である。

 

 

Ilirian Libohova   Trophy Manager

 

 

 

アルバニア代表として 57 試合に出場し 23 ゴールを挙げている彼は Trophy Manager の世界で最高のフォワードの一人であり、581.6 百万という移籍金はバーゲン・プライスだったといえるだろう。

 - Season 36, J. League Division 1 , ,