#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

移籍金に見合う活躍を見せられない Morishige

   

FC Sagami

低調なパフォーマンスに批判を浴びる Morishige

史上 3 位の移籍金額のプレッシャーにさらされる日本代表ウインガー

WOWOW Team (2103739) から、日本人選手としては史上 3 位となる 819.9 百万の移籍金で FC Sagami (2260539) に加入した 26 歳の日本代表ウインガー Tsumemasa ‘岡崎 Okazaki’ Morishige

Tsumemasa  岡崎 Okazaki  Morishige   Trophy Manager

しかし加入からここまで満足のいく結果を出せず、ファンや評論家から批判を浴びている。

高額な移籍

819.9 百万という移籍金は、日本人選手としては史上 3 位となる。

これまでの最高金額は、シーズン 38 にアメリカに渡った日本代表の正ゴールキーパー Kunitaro Kuramochi の 1,500 百万。

2 位は既に引退した D Abe の 1,127.5 百万で、シーズン 20 に urawa reds (184788) から 広末涼子 (53346)移籍した彼は、323 試合で 479 ゴールとクラブの得点記録を打ち立てた。

新しいクラブへの適応に苦しむ

しかしこの 2 人に次ぐ高額の移籍金がプレッシャーとなったいるのか、あるいは異なる戦術への適応に苦しんでいるのか、いまだ彼は FC Sagami で本来の実力を発揮できていない。

デビュー戦となった 逗子Blues (296683) との試合では、右サイドハーフとして 80 分までプレーしたものの、チーム最低の 3.6 という散々な評価が与えられた。

Match   FC Sagami vs. 逗子Blues   TrophyManager.com

これまでのリーグ 4 試合での平均評価は 4.23 であり、批判は免れない。

カップ戦においても Sagami が苦手とする Osaka Celtic (598351) との試合ではミスが目立ち、1-1 のタイスコアで延長戦を経て PK 負けとなる要因の一つとなった。

Match   FC Sagami vs. Osaka Celtic   TrophyManager.com

Morishige へのインタビュー

移籍金に関して

移籍金がプレッシャーかだって?
それはないかな。
移籍金のことはクラブなり代理人なりに聞いてくれ」

プレーに関して

「もちろん今の自分のパフォーマンスに満足はしていない。
これは僕にとって新しい挑戦だ。
初めてのトップ・ディビジョンでのプレーに戸惑っているところもある。

ポジション争い?
チーム内で競争があることはいいことだ。
J リーグを戦う上でも、国際大会を戦う上でも、このレベルのクラブともなれば十分な選手層が必要なのは当たり前のことだと思う。
Sugimoto とは上手くやっているよ。
彼は僕がチームに溶け込むための手助けをしてくれている」

Sugimoto  永井 Nagai  Kanesaka   Trophy Manager

クラブに関して

「Sagami はこれまで僕がいたクラブより大きなクラブだ。
タイトルを争うこと、国際大会で良い結果を出すことが求められるのは理解している。
少しプレッシャーはあるけど、それは同時にモチベーションともなっている。
今はちょっと空回りしている感じはあるけど、すぐに適応できるはずさ」

N-Kobayashi 監督へのインタビュー

Morishige について

インタビュアー

Morishige のパフォーマンスは少々期待外れなのではありませんか?」

N-Kobayashi 監督

「その見方はフェアではない。
彼は既にリーグ 4 試合で 2 つのゴールをアシストしている。
800 百万という移籍金のせいで、評価に過剰なバイアスがかかっているようだ。
もちろんもっと改善する必要はあるが、Tsumemasa にはチームにフィットするための時間が必要だ」

インタビュアー

「ファンの間では、スタメンには Kanesaka をという意見が多いようですが? 」

N-Kobayashi 監督

SugimotoTsumemasa のどちらを選ぶか、という問題ではないんだ。

今シーズン、我々にはサイドでプレーできる攻撃的な選手は SugimotoNoboru の 2 人しかいなかった。
選手層を厚くするためにこのポジションの選手の獲得は必須だった。

しかしこれは 3 人のうちの 1 人がレギュラーを外れるということではない。

3 人は特徴の異なる選手だ。
試合に応じて誰を起用するか、我々は複数のオプションを持つことになる。

それに 3 人とも適応力の高い選手だ。
同時にピッチに立つことも可能だ。
実際ここまでの 5 試合のうち 2 試合で 3 人が同時にプレーしている」

Noboru  長友 Nagatomo  Hirano   Trophy Manager

インタビュアー

「800 百万という金額は高すぎたのでは?」

N-Kobayashi 監督

「私は代表で長い間彼を見てきた。
彼のクオリティーに疑問はない。
価格は妥当なものだよ、それだけ多くのクラブが彼を狙っていたということだ。
Tsumemasa はこのポジションでベストの日本人選手だ、Noboru を除けばね。
それだけの価値はある。

しかし彼自身がこの金額を気にかける必要はない。
この金額を支払うと決めたのはクラブであって彼ではないのだからね」

シーズン 41 に向けて

インタビュアー

「来シーズンに向けてさらなる補強の予定は?」

N-Kobayashi 監督

「油断はしないが、最終節に余程のことがない限り我々は今シーズンを 2 位で終えることになる。
これは今後我々が 広末涼子 (53346) に挑戦する義務を負うことを意味する。

しかし我々がタイトルを争うにはまだ少なくとも 2 つのポジションを強化する必要がある。
我々が Jovica の後継者を探しているのは秘密でもなんでもない。
それに 1 人でも試合を決められるワールドクラスのクラックが欲しい。
もちろんすべてはマーケット次第だがね」

この記事はサッカーゲーム「Trophy Manager トロフィーマネージャー」についての記事です。

トロフィーマネージャーってどんなサッカーゲーム?

 - プレス Press, Season 40, J. League Division 1 , , , , , , , ,