#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

日本勢、レッドカードで RoW 大会から消える

   

International Competitions for Clubs

RoW League と RoW Cup の双方で敗退

FITA RoW League

グループ C を首位で通過した 広末涼子 (53346) は、決勝トーナメント 1 回戦で、グループステージでも対戦したオーストラリア王者の FC Fuegonia (1162146) と顔を合わせることになった。

グループステージでの両チームの対戦は FC Fuegonia (1162146) の 1 勝 1 分だったが、広末涼子 は優勝候補の一角と目されており、やや有利と思われた。

ファーストレグ: 広末涼子 1-2 FC Fuegonia

ファーストレグ、広末涼子 はこの試合の前に獲得したイスラエル代表 Tzafrir Dagan を中盤に起用し、4-4-2 (4-3-1-2) のフォーメーション。

 F F 
OML    
 MC MCMR
     
DLDC DCDR
  GK  

R.H.F は、11 分にコーナキックからブラジル人ディフェンダー Fernando Campos のヘディングで先制に成功。

しかし 15 分に右サイドバックの Kanzaburo Okada が退場すると流れが変わった。

広末涼子 は Toru Ohi に代えて 20 歳の Yosai Ichikawa を投入、3 バックにシフト。

しかし相手に多くのチャンスを作られ、60 分に同点ゴールを許し、アディショナルタイムのゴールで逆転された。

Match   広末涼子 vs. FC Fuegonia   TrophyManager.com

セカンドレグ: FC Fuegonia 2-0 広末涼子

ホームを 1-2 で落とした R.H.F は、さらにノルウェー代表ミッドフィルダー Sigurd Kirkeby を獲得して中盤を強化、ファーストレグではセントラルミッドフィルダーとしてプレーした Dagan をフォワードとして起用。

同じフォーメーションながらより攻撃力の増した布陣で臨んだ。

しかしこの試合でも Okada が相手に勝利をプレゼントした。

開始わずか 4 分で 1 枚目のイエローカードを貰うと、その 3 分後に 2 枚目のイエローで退場。

日本最高のサイドバックでありながら、この軽率なプレーには反省が見られない。

過去の失敗から何も学んでいないことを示した。

1 人少なくなった 広末涼子 はチャンスらしいチャンスを作れない。

得点が必要な 広末涼子 は 70分、Ashihei Nishijima に代えて Masayuki Tokunaga を入れる。

しかしここで不運にも入ったばかりの Tokunaga にトラブル。

わずか 1 分で怪我のためにピッチを去り、3 枚目の交代枠を使って Kazuki Omori が入った。

77 分 追い打ちを掛けるようにボスニア・ヘルツェゴビナ代表の Riad Zelenika が負傷、交代枠を使い切っていたアウェーチームは 9 人でプレーを続けた。

最終的に、スコアは 2-0、ポゼッションは 29%、試合を通してシュート 3 本、枠内シュート 0 という目を覆う結果に終わっている。

Match   FC Fuegonia vs. 広末涼子   TrophyManager.com

FITA RoW Cup

ファーストレグ: FC Sagami 0-3 STALLIONS

RoW Cup でも退場が試合を決めた。

開始 7 分、FC Sagami (2260539)Sugimoto ‘永井 Nagai’ Kanesaka にレッドカード。

Lovro ‘Mandžukić’ Marjanović とともに今季の攻撃の要である Kanesaka がいなくなったことで攻撃力が半減、加えてポゼッションも低下、アウェーの STALLIONS (281557) が一方的なゲームを展開した。

Match   FC Sagami vs. STALLIONS   TrophyManager.com

セカンドレグ: STALLIONS 3-2 FC sagami

逆転には奇跡が必要な Sagami は、アウェーにもかかわらずより攻撃的な 4-4-2 (4-1-3-2) でプレー。

 F F 
OML OMC OMR
     
  DMC  
DLDC DCDR
  GK  

この試合では Kanesaka が汚名返上と奮闘。

2 ゴールを決めるも、今季アウェーでの成績が振るわない FC Sagami は 3 失点を喫し、日本勢で唯一 RoW Cup の決勝トーナメントに進んだ Sagami も 2 試合合計 2-6 のスコアで敗退し、すべての日本のクラブが RoW 大会から姿を消した。

Match   STALLIONS vs. FC Sagami   TrophyManager.com

この記事はサッカーゲーム「Trophy Manager トロフィーマネージャー」についての記事です。

トロフィーマネージャーってどんなサッカーゲーム?

 - Season 38, クラブ 大会 Club competitions , , , ,