#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

日本代表 センターバック編 – シーズン 37

      2014/10/05

Japan

日本代表のセンターバック

層の厚いセンターバック

シーズン 33 に FC Sagami (2260539) の N-Kobayashi が代表監督に就任して以来代表でプレーしてきた選手たちが円熟期に入り、現在、ディフェンダーは日本の長所だといえる。

FC Sagami ジャパンで数シーズンに渡ってセンターバックのコンビを組んできたのは Akira KitazawaJuzo Ueno である。

Akira Kitazawa   Trophy Manager

Juzo Ueno   Trophy Manager

Kitazawa は依然として日本最高のセンターバックの地位を守り続けており、今シーズンも代表でレギュラーとしてプレーするだろう。

しかし UenoArinori MikamiSanraku MinamiShozo Hirabayashi といった選手たちの成長によってにポジションを失うかもしれない。

また前回のアジアカップ予選で代表デビューを果たした Keita Tokura にも可能性がある。

Arinori Mikami   Trophy Manager

Sanraku Minami   Trophy Manager

Shozo Hirabayashi   Trophy Manager

Keita Tokura   Trophy Manager

ボランチやサイドバックとしてもプレーできる彼らは、これまで他のポジションや交代選手としての出場が多かった。
しかし既にセンターバックとしても Ueno を上回っているという評価も少なくない。
Mikami あるいは Hirabayashi ならば、空中戦の弱さという Ueno の問題を解決できる。

20 代前半にはめぼしい代表候補がいないため、彼らは今後長く代表の主力となるだろう。
なかでも Hirabayashi はまだ 26 歳であり、さらなる成長が期待でる。

課題はファウルの多さ

しかし問題もある。

どの選手もファウルが多すぎることだ。

あまりに高すぎる積極性のために、彼らの多くが単にカードを貰うだけでなく、しばしば退場してチームに危険を招いている。

またキーパーに問題を抱える日本代表にとって、相手にセットプレーのチャンスを与えるのは危険だ。

ディフェンダーのファウルは致命的な結果につながりかねないだけに、積極性の高さは無視できない問題だと言える。

この記事はサッカーゲーム「Trophy Manager トロフィーマネージャー」についての記事です。

トロフィーマネージャーってどんなサッカーゲーム?

 - Season 37, Season 33, 日本代表 Japan National Team , , , ,