#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

日本代表 ウインガー編 – シーズン 37

      2014/10/05

Japan

日本代表のウインガー

ウインガーの高齢化

日本代表にとって、長い間サイド攻撃は大きな武器だった。

特に左サイドは強力で、2、3 シーズン前、日本に 8 人しか評価レベル 5 の選手がいなかった時、その内の 3 人が左ウインガーだった (Kazutoshi SaitoYoichi NakaeKunimatsu Sano)。

彼らは適応力が高かったため、サイドハーフとしてもプレーし、日本代表はしばしばウインガーとサイドハーフを同時起用し、ウインガー – サイドハーフ – サイドバックの連携によって強力なサイド攻撃を形成した。

Kazutoshi Saito   Trophy Manager

Yoichi Nakae   Trophy Manager

Kunimatsu  松井 Matsui  Sano   Trophy Manager

右サイドのファーストチョイスはサイドハーフの Ashihei Nishijima だったが、必要に応じて SaitoNakae が右ウインガーとしてもプレーした。

Ashihei Nishijima   Trophy Manager

今シーズンの日本代表の両サイド

しかし彼らが高齢化したことで、日本の両サイドは徐々に弱体化しつつある。

衰えたとはいえ、Saito は依然日本最高の選手の一人であり、今シーズンのワールドカップ予選でもレギュラーとしてプレーするだろう。
しかし他の 2 人はもう招集されることはないと思われる。

右サイドでは 30 歳になってピークを迎えた Nishijima が引き続きプレーするはずだ。

この 2 人がいる限り、今シーズンは問題ない。

しかし彼らの後継者が育っていないのも確かだ。

両サイドでプレーできる Takashi Sato は日本では数少ない Rec 5 の選手だが、ウインガーとしてはパスが低すぎる。
控えとしてならともかく、Saito の代わりを務めるにはやや力不足だ。

Takashi Sato   Trophy Manager

若手候補たち

その下の世代には何人かの候補がいるが、理想的とは言い難い。

RatingR2 は、サイドの選手にとってさえクロスはそれほど重要ではないと指摘しているが、それでも Kumanosuke HirasiNamboku FujimotoTsumemasa Morishige といった選手たちの 15、16 というクロスは、代表のサイドプレーヤーとして相応しいかどうかは難しい問題だ。

Kumanosuke Hirasi   Trophy Manager

Namboku Fujimoto   Trophy Manager

Tsumemasa  TM  Morishige   Trophy Manager

ウイングバックながら適応力の高い Toru Ohi も候補だろうが、攻撃的な位置で起用するには決定力やロングシュートの点で難があるだろう。

Toru Ohi   Trophy Manager

今後しばらく、両サイドは日本の弱点となる可能性がある。

この記事はサッカーゲーム「Trophy Manager トロフィーマネージャー」についての記事です。

トロフィーマネージャーってどんなサッカーゲーム?

 - Season 37, 日本代表 Japan National Team , ,