#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

日本のリーグの活性化と国際大会での成功

   

シーズン 43 の国際大会における日本のクラブ

RoW ランキングで日本のカントリー・ランキングが 10 位に上がり、国際大会の出場枠が拡大した今シーズン。
日本からは 広末涼子 (53346)FC Sagami (2260539)FITA RoW League に、VF Tomato (2925434)ashina (1489015)Unya Reds (2502811) の 3 クラブが RoW Cup に出場した。

また、日本人ユーザーの海外クラブとしては FC Sagami のサブクラブであるカタールの Al-Amīr (2329813)FITA RoW Cup に、メキシコの Deportivo Azteca (2324474) が南北アメリカ大陸のクラブが参加する FATA Liberty League に参戦している。

拡大した日本の出場枠

今回国際大会に参加したのは、Cup of Japan の優勝で出場権を得た Unya Reds も含めて、昨シーズン J1 で 1 位から 5 位となったクラブであり、本当に日本で最も強い 5 クラブがエントリーしたといえる。
国際大会でなかなか結果を出せなかった VF Tomato も昨シーズンは RoW Cup で躍進したことに加え、リーグのレベルが上がっていることもあって、今季は日本勢の活躍が期待された。

出場枠拡大の恩恵を受けた FC Sagami と ashina

国際大会の出場枠が拡大した恩恵を受けたのは昨シーズンにリーグ 2 位だった Sagami と 4 位だった fishers。

これまで RoW League 1 枠、RoW Cup 3 枠だった出場枠が RoW Leasgue 2 枠、RoW Cup 3 枠となったことで、Sagami は今シーズン、クラブ史上初めて RoW league に参加することとなった。
一方 fishers は、日本の出場枠が 4 枠のままなら国際大会への出場権がなかったところだが、辛うじて RoW League への出場権を手にした。

明暗を分けた予選ラウンド

RoW League 予選

昨シーズンをもって主力 3 人が引退したにも関わらず補強が遅れた 広末涼子。
RoW League 予選までに獲得できたのは引退した日本代表サイドバック Okada の代わりとなるアンゴラ代表サイドバックの Carlos Alberto Ramalho のみ。
戦力の大幅ダウンは否めなかった。

Carlos Alberto Ramalho   Trophy Manager

その結果予選第 3 ラウンドでパキスタン王者の Dolphin Fc (441117) にファーストレグを 1-3 で落とし、逆転を狙ったセカンドレグでは 3-3 と打ち合って引き分け、トータル 4-6 で敗れて RoW Cup に回ることとなった。
リザーブの 涼子の院 (764222) から何人かの若手を引き上げて組んだスタメンは決して万全とはいえなかったが、それでも R.H.F 有利と見られていただけに、この結果は失望させられるものだった。

Match   Dolphin Fc vs. 広末涼子   TrophyManager.com

一方 FC Sagami は苦戦しつつもシンガポール王者の Epic Loot (1261232) とヨルダンの準優勝クラブ Transformers FC (1230570) を退けてグループステージに駒を進めている。

RoW Cup 予選

RoW Cup 予選を突破してグループステージ進出を果たしたのは RoW League 予選から回ってきた 広末涼子 と、本大会初参加となる Unya Reds。

カップ戦優勝によって出場権を得た うにゃれーず は第 4 ラウンドからの参戦。
Sagami に敗れて RoW Cup から回ってきた Epic Loot (1261232) に勝って突破を決めた。

R.H.F もさすがに RoW Cup 予選で敗退するようなことはなく、無事にグループステージに進んでいる。

一方敗退することになったのは ashina と VF Tomato。

ashina の敗退は采配ミスという意見もある。

ashina は今季、長年の懸案だったセンターバックの補強に踏み切った。
411.4 百万という巨額の移籍金を支払って、ベルギー代表歴もある Frédéric Deckers を獲得。
予選第 2 ラウンド、第 3 ラウンドは彼を含めた 4 バックのディフェンスで戦った。

Frédéric Deckers   Trophy Manager

しかし、第 4 ラウンド、リーグ戦でもこれで結果を出していたにも関わらず、何故か Deckers を外した 3 バックでベトナムの Nông dân (1053524) に挑み、アウェーで 6 失点を喫した。続くホームでも彼には出番が与えられず、大量失点こそしなかったものの逆転はならなかった。

Match   Nông dân vs. ashina   TrophyManager.com

これに対して VF Tomato の敗退は不運が重なったと言わざるをえない。

予選第 3 ラウンドで Al-Amīr (2329813) との日本人ユーザー対決を制した The Tomato が第 4 ラウンドで対戦することになったのは、シーズン 29 から 41 にかけてインドで 13 連覇を達成した BVB Surya 07 FC (117802)
昨シーズン、優勝した The Bangalore Bullets (1206245) と同じ勝ち点、同じ得点数ながら、失点が 8 ゴール多かったために連覇をと切らせることになった彼らは、今シーズンワールドクラスのゴールキーパー Juozapotas Bartkevičius を獲得し、国内だけでなく RoW Cup でも優勝を狙えるチームだ。

Juozapotas Bartkevičius   Trophy Manager

逆に Tomato は、ファーストレグ、開始 2 分で失点、さらに 21 分に 2 点のビハインドとなった直後に、今シーズンに補強したばかりのキーパー Eugenio Costa が負傷離脱し、60 分以上の間、トップチームでのプレー経験のなかった 20 歳の選手 Yasuyuki Nakayama がゴールマウスを守る羽目になった。
これほどプレッシャーの掛かるデビュー戦はそうはないだろう。
彼はよくやったがそれでもさらに 2 点を失い、チームはホームでの試合を 2-4 で落とした [1]

Eugenio Costa   Trophy Manager

Yasuyuki Nakayama   Trophy Manager

さらに攻撃陣では Ian Bruce も負傷交代している。

Ian Bruce   Trophy Manager

Costa の負傷は深刻で、Tomato は急遽サウジアラビアのクラブから Ishaq Al Tunian を獲得してセカンドレグに臨んだが逆転は不可能だった。

Ishaq Al Tunian   Trophy Manager

日本は新興勢力が成功しやすいリーグか?

今季、国際大会でグループステージに進出した日本のクラブは、FC Sagami、広末涼子、Unya Reds の 3 クラブ。
加えて日本人ユーザーのクラブではメキシコの Deportivo Azteca (2324474) がシードのため予選無しで Liberty League に参加 [2]

若いクラブが活躍する日本

RoW League グループステージを戦うクラブの設立は大半が 2009 年以前で、2010 年以降にできたクラブは 32 チーム中わずか 8 クラブ。
FC Sagami は一番新しいクラブとなる [3]

また Unya Reds は RoW Cup グループステージ進出クラブで 2 番目に若いチームだ [4]

VF Tomato も若いクラブであり、日本は比較的若いクラブが成功している印象を受ける。

新興クラブの成長とリーグ水準の向上。
日本のリーグは活性化していると言えるだろう。

最短で 3 大大会に挑戦する目安

なお Deportivo Azteca (2324474) は Liberty League グループステージで一番若いクラブで、TM の 3 大大会 (Champions Cup、Liberty League、RoW League) のグループステージ進出クラブで一番設立が遅いのはイタリアの Tutti in blue (2367942)
ユーザー数が最も多い国の一つであるイタリアでこれだけ短期間で成功するのは評価に値する。

Tutti in blue (2367942)Deportivo Azteca (2324474)FC Sagami (2260539) の設立はほぼ同時期 (2012 年 3 月から 4 月) であり、これが 3 大大会に最短で挑戦する目安となるだろう。

この記事はサッカーゲーム「Trophy Manager トロフィーマネージャー」についての記事です。

トロフィーマネージャーってどんなサッカーゲーム?

脚注 Footnotes

  1. なおその後彼は移籍している [↩ 戻る back]
  2. ランキング上位リーグの優勝クラブのため [↩ 戻る back]
  3. 2 番目はスキャンダルの渦中の XPQ United (2042903) [↩ 戻る back]
  4. 1 番はコートジボワールの Aruna C.F.(3103647 [↩ 戻る back]

 - 国際大会 International, Season 43 , , , , , , , , , , ,