#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

シーズン 44 代表選手紹介 その 2

   

シーズン 44 代表選手紹介 その 2: サイドバック・セントラルミッドフィルダー・攻撃的ミッドフィルダー・ウインガー・フォワード編

DL/R

Yoshinobu Kuga逗子Blues (296683)

逗子Blues (296683) 生え抜きのサイドバック。
左右どちらでもプレーできます。

積極性の低さとクロスの高さが売りで、コーナーキックを蹴る能力は代表でも随一です。

怪我が多いのが玉に瑕。

Yoshinobu Kuga   Trophy Manager

Seiho ‘A.A.20.Kazan’ OonishiPurple Haze (2032395)

シーズン 42 にメキメキと頭角を表し、シーズン 43 で代表入り即スタメン出場を果たしました。

本職は DML ですが、適応力が 20 と最高でどのポジションでもプレーできますが、フィジカルとディフェンス能力が高く DC・DL/R としての能力に優れています。

まだ若く、今後日本を代表する選手になるでしょう。

ただ、この選手も Kuga 同様に負傷しがちという問題があります。

Seiho  A.A.20.Kazan  Oonishi   Trophy Manager

Namboku MorisakiUnya Reds (2502811)

サイドバックのスタメンの 2 人は負傷傾向が高いため、単なる控えではなく緊急時の代役となる可能性があります。

センターでしかプレーできない Kota Hagihara よりも積極性の低さと適応力の高さというアドバンテージがあり、ポジション争いを一歩リードしています。

Namboku Morisaki   Trophy Manager

M/OMC

Toshiharu ‘柴崎 Shibasaki’ YamaseFC Sagami (2260539)

22 歳から開花した遅咲きの選手です。
開花前に代表デビューしたものの開花後の成長がいまいちだったため、しばらく代表から遠ざかっていました。
それでも所属先の FC Sagami (2260539) で着実に経験を積み、昨シーズンついに先発の座を勝ち取りました

年齢に対して経験が高く、適応力を除く全ての隠しスキルが優れているため、キャプテン候補です。

Toshiharu  柴崎 Shibasaki  Yamase   Trophy Manager

Hidetora Narahashi広末涼子 (53346)

全盛期は Rec 5 & パス 20 で、同じくパス 20 だった Kumanosuke Hirasi とスタメンを争いました。

Hidetora Narahashi   Trophy Manager

Kumanosuke HirasiVF Tomato (2925434)

緊急時に左サイドもこなせるのが強みで、Narahashi より優先される場面も多くありました。

Kumanosuke Hirasi   Trophy Manager

Okakura ‘山口 Yamaguchi’ MitaFC Sagami (2260539)

FC Sagami (2260539) に加入して右サイドからポジション変更し、MC では貴重な Rec 5 プレイヤーになりました。

もう少し経験を積めば頼もしい選手になるでしょう。

Okakura  山口 Yamaguchi  Mita   Trophy Manager

Takamuku TakaharaギラQ (3117264)

若手有望株の一人で、将来の主力になることを期待しています。

Takamuku Takahara   Trophy Manager

M/OML

Noboru ‘長友 Nagatomo’ HiranoFC Sagami (2260539)

本職は右サイドながら何と言っても最高の適応力が魅力で、クラブと同じく左サイドを務めます。

守備的ポジションからフォワードまでどこでもプレーできますが、ディフェンダーとしては積極性が高くカードを貰いやすいこと、他に左サイドで攻撃的なプレーができる選手がいないことから主に OML で起用されますが、強豪との対戦では ML に下がります。

ヘディング・強さがともに高く、ウイング攻撃との相性がいいのも嬉しいところです。

Noboru  長友 Nagatomo  Hirano   Trophy Manager

M/OMR

Tsumemasa ‘内田 Uchida’ MorishigeFC Sagami (2260539)

ウイング攻撃を主体とする日本代表では、Hirano と並んで重要な存在です。

選手層の問題から OMR で起用されることがほとんどですが、低い積極性で DR としても優秀です。
適応力も高く、3 バック時は DMR をこなしました。

Tsumemasa  内田 Uchida  Morishige   Trophy Manager

Hidekazu TanakaFC Osaka blu (2323410)

この年代では貴重なサイドの選手です。

ただ MR としてはクロスが、FW としては決定力が低いため、若干物足りなさを感じることも。

Hidekazu Tanaka   Trophy Manager

F

Kazuki ‘岡崎 Okazaki’ OmoriFC Sagami (2260539)

豊富な経験とヘディング能力が大きな武器で、ウイング攻撃との相性は抜群です。
両ウイングの HiranoMorishige とは FC Sagami (2260539) の同僚で、そのコンビネーションにも期待がかかります。

広末涼子 (53346) 一筋と思われていましたが、800M で設定されていた自動移籍に FC Sagami が名乗りを上げ、国内の代表選手では異例のトップクラブ間移籍が成立しました。

Kazuki  岡崎 Okazaki  Omori   Trophy Manager

Hiroshige IgawaVF Tomato (2925434)

Omori とは異なり決定力が何よりの強みです。

二番手 FW ではあるものの、年齢的・戦術的な問題で最近はほとんど出番がありません。
クラブではここしばら OMC としてプレーして見事なパフォーマンスを見せ、新境地を切り開いたようですが。。。

Hiroshige Igawa   Trophy Manager

Atsushi MatsuoF.C Sylphides (2429931)

Takahara と同じく若手有望株の一人です。
20 歳を前に Rec 5 に到達しました。

Atsushi Matsuo   Trophy Manager

シーズン 44 代表選手紹介 その 1』 へ。

この記事は現日本代表監督である VF Tomato (2925434) の監督が代表のスレッドに投稿したものに一部加筆修正を加えたものです。

この記事はサッカーゲーム「Trophy Manager トロフィーマネージャー」についての記事です。

トロフィーマネージャーってどんなサッカーゲーム?

 - Season 44, 日本代表 Japan National Team , , , , , , , , , ,