#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

シーズン 38: J1 上位クラブの戦力

      2014/09/27

J1 上位チームの RatingR2

終盤を迎えるシーズン 38

シーズン 38 も残すところ後 4 試合、J. League Division 1 での趨勢も決まりつつある。

第 30 節、上位陣はいずれも勝ち点を取りこぼさず、順位に変動はなかった。

広末涼子 (53346) の 1 位、urawa reds (184788) 2 位、FC Sagami (2260539) 3 位がほぼ決まり、RedSun (418839)VF Tomato (2925434)ashina (1489015)Osaka Celtic (598351) が RoW Cup の出場を争っている。

日本   J. League Division 1   Trophy Manager

以前に各ディビジョンの RatingR2 を比較しているが、ここで J1 上位クラブの RatingR2 を比べてみようと思う。

なお RatingR2 について詳しくはこちら

RatingR2 比較

1 位: 広末涼子 (53346) – 平均 104.69

4-4-2 (4-3-1-2)

 F
I. Libohova
112.49
 F
M. Tokunaga
100.97
 
OML
K. Saito
101.26
    
 MC
T. Dagan
110.26
 MC
S. Kirkeby
108.41
MR
A. Nishijima
97.73
     
DL
T. Ohi
91.43
DC
S. Hirabayashi
105.40
 DC
A. Kitazawa
106.22
DR
K. Okada
106.22
  GK
B. De Brul
111.19
  

シーズンなかばに DaganKirkeby が加入して以来、この形を基本としてるようにみえる。

しかしカードによる出場停止が多いこともあり、試合によってかなりメンバーが変わっている。

2 位: urawa reds (184788) – 平均 92.55

4-5-1 (4-1-2-2-1)

  F
T. Nakamura
92.72
  
 OMC
S. Andersson
93.31
 OMC
T. Yamagishi
96.07
 
ML
G. Consorti
101.23
   MR
T. Yamamoto
86.61
  DMC
T. Honda
94.10
  
DL
M. Herreras
90.25
DC
Y. Teshigahara
92.97
 DC
J. Ueno
97.32
DR
K. Ikematsu
82.68
  GK
S. Tomita
90.75
  

IkematsuMinami からポジションを奪ったことを除けば、シーズンを通してほぼ同じメンバー、フォーメーションだった。

3 位: FC Sagami (2260539) – 平均 97.10

4-4-2 (4-1-1-2-2)

 F
R. Uekusa
93.86
 F
L. Marjanovi?
102.73
 
OML
K. Sano
91.68
   OMR
S. Kanesaka
93.59
  MC
J. Nishikawa
95.03
  
  DMC
C. ZhongYi
100.76
  
DL
E. Yasuda
92.68
DC
W. Dragan
105.56
 DC
G. Takagi
90.60
DR
Z. WeiMing
99.88
  GK
D. Vasco
101.72
  

より攻撃的に、Nishikawa を OMC で起用した試合も多い。

4 位: RedSun (418839) – 平均 93.19

4-4-2 (4-1-1-2)

 F
I. Basri
100.72
 F
R. Ueno
95.70
 
OML
Y. Nakae
95.29
   OMR
T. Miyazawa
90.27
  MC
D. Natali
92.61
  
  DMC
N. Tolevski
95.52
  
DL
A. Tokunaga
88.52
DC
Terao Kishi
91.22
 DC
B. Gehrig
94.81
DR
G. Della Colletta
87.64
  GK
I. Okubo
92.74
  

この他に 4-4-2 (4-2-2-2)、4-5-1 (4-1-2-2-1) なども使用しているが、重要な試合ではこのフォーメーションを用いることが多いようだ。

左サイドバックには、シーズンなかばまで Yankov を使い、Tokunaga を右で起用していた。

5 位: VF Tomato (2925434) – 平均 89.68

3-5-2 (3-1-3-1-2)

 F
A. Fournier
93.97
 F
K. Inamoto
96.64
 
  OMC
P. Auger
94.88
  
ML
T. Hoshi
85.59
MC
R. Kawahara
77.44
 MC
N. Muoi
100.06
 
    DMR
Y. Koroki
73.66
 DC
E. Nakazawa
83.49
DC
J. English
100.35
DC
S. Akatsuka
81.65
 
  GK
H. Al Dosari
98.70
  

選手の入れ替わりが激しく、戦術も柔軟に変換する The Tomato。

現在ベストメンバーを組めるならこの形だろうか。

6 位: ashina (1489015) – 平均 94.91

4-5-1 (4-1-3-1-1)

  F
N. Mitsukuri
89.47
  
  OMC
C. Triantafillidis
97.57
  
ML
S. Gualco
88.86
 MC
Y. Uchidate
95.93
 MR
T. Barclay
98.63
  DMC
G. Fucini
100.47
  
DL
S. Minami
97.52
DC
D. Omura
90.99
 DC
B. Sugai
94.97
DR
K. Yamaguchi
95.70
  GK
K. Kurihara
95.85
  

シーズン序盤に好調だった C. Triantafillidis が不振に陥って以来、試行錯誤を繰り返している。

N. Mitsukuri も 27 節の FC Umashikuni (2323411) との試合で低パフォーマンスを見せて以来監督の信頼を失っている。

代わってベテラン T. Toyoda が先発するようになった。

クロスの低い Uchidate はサイドよりも中央の方が生きるようだ。

7 位: Osaka Celtic (598351) – 平均 89.82

5-4-1 (5-2-2-1)

 F
T. Fujiwara
92.33
 F
I. Shearer
97.82
 
OML
P. Paschev
93.91
   OMR
K. Ando
81.89
 MC
K. Konno
84.26
 MC
Hiroyuki
88.59
 
     
DL
C. Lavery
100.66
DC
E. Loge
85.69
 DC
J. Aira
91.33
DR
T. Jo
77.68
  GK
H. Hatayama
93.86
  

シーズン前半にはいくつかのフォーメーションを試したが、その後この 4-4-2 (4-2-2-2) に落ち着いている。

T. Fujiwara の負傷により、ここ数試合は 5-4-1 という珍しいフォーメーションでプレーしている。

期待を上回った urawa reds

urawa reds は期待を大きく上回ったといえるだろう。

よりレベルの高い選手を抱える 3 チーム、FC Sagami、ashina、RedSun を大きく引き離してリーグを終えようとしている。

最終節に Sagami との直接対決が残って入るものの、追いつかれる可能性は低い。

一方で ashina にとってはいささか残念なシーズンとなったといえる。

しかし彼らの目標はあくまで 6 位以内であり、残り 4 試合で RoW Cup の出場権を確保できるようならば、むしろポジティブに捉えることもできるだろう。

この記事はサッカーゲーム「Trophy Manager トロフィーマネージャー」についての記事です。

トロフィーマネージャーってどんなサッカーゲーム?

 - Season 38, J. League Division 1 , , , , , , ,