#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

クラブ財政の健全化 その 4

      2015/04/18

FC Sagami

ユース・アカデミーとトレーニング・グラウンドのダウングレード

設備の中でも特に維持費が高く、しかも効果が見えにくいのはユース・アカデミーとトレーニング・グラウンドです。

選手の売却で財政が黒字化しない場合、このふたつの施設のダウングレード (レベルを下げること) を検討する必要があります。

この記事は

クラブ財政の健全化 その 1

クラブ財政の健全化 その 2

クラブ財政の健全化 その 3

の続きです。

ユース・アカデミーのダウングレード

財政がマイナスの状態が長期間続いている (もしくは続くと予想される) 場合、最初にダウングレードするべき施設はユース・アカデミーです。

なぜなら、財政がマイナスの場合、ユース選手は採用できないからです (クラブの選手が 30 人以下の場合を除く)。

財政がマイナスの状態にある場合、ユース選手を引く pull ことは可能です。
しかし、引いた選手を採用することができません。
つまり、たとえポテンシャル 5 の選手を引いたとしても、黒字化するまで採用できず、ひたすらトレーニングの機会を無駄にすることになって悔しい思いをすることになります。

その間もユース・アカデミーの維持費はかかるので、高レベルのアカデミーにはデメリットしかありません。

ユース・アカデミーのオススメのレベルは 8 です。

レベル 8 になると、毎週必ず 3 人の選手を引く事ができます。
さらにレベルが上がると、より良い選手を引く可能性が上がりますが、毎週 3 人という点は変わりません。

確かにレベルが高いほどポテンシャルの高い選手を引く可能性は上がりますが、運の要素が大きいので、より多くの選手を引くことのほうが重要です。

レベル 9,  10 は財政に余裕ができてからで問題ないと思います。

なお、私は財政が深刻だったいくつかのサブクラブで、レベル 8 では間に合わず、7 まで下げました。

トレーニング・グラウンドのダウングレード

クラブの方針がリーグの成績優先で、チームが高齢選手ばかりの場合はトレーニング・グラウンドのレベルも下げて問題ないと思います。

レギュラーを 30 代で固め、採用したユース選手はすぐに放出という方針も戦略としてはアリだと思います。
その場合はトレーニング・グラウンドのレベルを 0 にしても問題ないでしょう (ただしその場合は収入を得る手段としてユース・アカデミーに投資する必要があるかもしれません)。

しかし通常のクラブであればあまり大幅なダウングレードはおすすめしません。

特に、ポテンシャルの高い選手を維持して若手育成にこだわっている場合は、できるだけ高レベルを維持したいところです。

なぜなら、現在、選手の育成におけるトレーニング・グラウンドの影響は非常に大きくなっているからです。
現在、選手の成長量、つまりトレーニング強度 TI は、選手のポテンシャル 50 %、トレーニング・グラウンド 50 % で決まります。

私の場合、スペインのクラブが 8、クロアチアとエジプトでレベル 9 なのを除いて、財政悪化にもかかわらず残りの 10 クラブでレベル 10 を維持しています。
レベル 10 に達していないクラブも、ダウングレードをしたわけではなく、レベルを 10 に上げる前に財政が悪化して上げることができなくなっただけです。

さて、次は選手を売り設備のレベルを下げてなお財政の改善が見込めない場合の対処法についてです。

続きます。

この記事はサッカーゲーム「Trophy Manager トロフィーマネージャー」についての記事です。

トロフィーマネージャーってどんなサッカーゲーム?

 - 攻略 Tips , , , , ,