#TrophyManager Japan

サッカーゲーム『トロフィー・マネージャー』の日本ユーザー向けファンサイト。Japanese FanSite of Trophy Manager: best online football manager game.

*

なぜ urawa reds は好調なのか?

   

red diamonds、予想外の快進撃

リーグ終盤まで好調を維持した urawa reds

昨シーズン 6 位だった urawa reds (184788) は、第 32 節に Unya Reds (2502811) を破って勝ち点を 78 に伸ばして 3 位 FC Sagami (2260539) との勝ち点差 7 を維持、Sagami が残り 2 試合で追いつく可能性は消え、今季の 2 位を確定させた。

screenshot-by-nimbus

カップ戦でも勝ち残っており、準決勝を FC Sagami と戦うことが決まっている。

Cup   Trophy Manager

シーズン序盤の好調を、最後まで維持したといえる。

別格の 広末涼子 (53346) を除けば、urawa reds の成績はリーグで最多の得点と最少の失点である。

戦力以上の好成績

しかし、J1 の上位クラブの比較から分かるように、戦力的には他のクラブに大して大きなどバンテージがあったわけではない。

シーズン 38: J1 上位クラブの戦力 #TrophyManager Japan

さらにより詳しく見るならば、TM のマッチエンジンにおいて最も重要だとされているゴールキーパーは、比較した上位 7 チームのなかで最も RatingR2 が低い。

Shoji Tomita

Shoji Tomita   Trophy Manager

またキーパーの次に重要視されるフォワードも、決定力こそ高いものの、ヘディングはわずかに 6 であり、ハイボールの競り合いではまったく期待することが出来ない。

Takechi Nakamura

Takechi Nakamura   Trophy Manager

それにもかかわらず urawa reds が好成績を上げたのはなぜか。

red diamonds 好調の理由を分析

ファウルの少なさ

一つの要因としてあげられるのは、カードの少なさである。

urawa reds (184788) は、他の上位クラブに比べファウルが少なく

32 節が終わった時点で、イエローカードが 44 枚、レッドカードが 0 枚となっている。

Statistics   League   Jp   1   1   Clubs   Cards   38   Trophy Manager

上位の 7 チームの中では Osaka Celtic (598351) が合わせて 43 枚と 1 枚少ないものの、彼らはイエロー 40 枚にレッドカードが 3 枚である。

urawa redsは、カードをあまり貰わないため出場停止によってレギュラーがプレーできないということが少なく、ほとんどの試合でベストメンバーを組むことができた。

またレッドーカードが 0 枚ということは、試合中の退場によって不利になることがなかったということでもある。

例えば、3 位の FC Sagami (2260539) は、今季リーグで負けた 7 試合のうち 4 試合で退場者を出している。

逆の見方をするならば、レッドカードを受けた 7 試合の成績は、2 勝 1 分 4 敗であり、レッドカードがいかに試合に影響を与えるかがはっきりと表れている。

また 広末涼子 (53346) も、国内では無敗ながらも、RoW League 敗退の要因は退場だった

退場の影響は想像以上に大きい。

カードの少ない urawa reds は、この点でアドバンテージがあった。

なぜ urawa reds はカードが少ないのか?

ただ、なぜファウルが少ないのかは難しい問題だ。

レギュラーのディフェンダーの積極性は、Herreras 10、Teshigahara 11、Ueno 12、Ikematsu 3、シーズン前半にプレーした Minami は 11 である。

決して高いわけではないが、Ikematsu を除けば低いわけでもない。

DMC でプレーする Takiji Honda に至っては 19 と極めて高い。

一方キャプテンに関して言えば、むしろカードが少ないことが不思議になる。

彼らのキャプテンは Takiji Yamagishi で、プロ意識 4/20、積極性 15/20、リーダーシップ 2 もしくは 3/5 と経験の高さを除けば理想とは真逆の選手だ。

そこで仮説として考えられるのは、ポゼッションの高さである。

つまりポゼッションを高くすることで相手の攻撃チャンスを減らし、ディフェンス・アクションの機会自体を減らすことでカードを回避しているのではないか

urawa reds のここまでの平均ポゼッションは 56.1% で、ashina (1489015) の次に高い。

特にアウェーではリーグ最高の 54.0% を誇る。

Statistics   League   Jp   1   1   Clubs   Possession   38   Trophy Manager

ポゼッションの高い他のクラブを見ると、ashina (1489015)広末涼子 (53346) はカードの多いチームである。

しかしこの両チームのディフェンダーは軒並み積極性の非常に高い選手であり、あまり参考にならない。

続く FC Shippuden (2103699)Namba Osaka (489911) はカードの少ないクラブで、RedSun (418839) はイエローカードは多いもののレッドカードは 0 枚となっている。

これはあくまで仮説であり、別の機会に検証したいと思う。

いかに退場を減らすかは戦術上重要なポイントである。

この記事はサッカーゲーム「Trophy Manager トロフィーマネージャー」についての記事です。

トロフィーマネージャーってどんなサッカーゲーム?

 - Season 38, J. League Division 1 , , , , , , , , , , , ,